派遣社員細々と生きる
細々と生きてますがただ普通に生活してます 日々の出来事などをお伝えします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リアル14歳の母
数年前放送されたドラマ

「14歳の母」

放送前から楽しみにしてたのに途中から見なくなったとは何事だ!


昨日新番組で「100億分の8」とか何かそんな番組やってまして、

テーマは

「14から17歳で妊娠、出産した妻8人」


FC2 Blog Ranking←ポチッと押していただけると励みになります
人気ブログランキングへ←こちらもヨロシクです^^


にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ
にほんブログ村
14って中3?

17なら高2...これぐらいならあるかなあ…

最年少は14歳で妊娠して15で出産でした

「中学の卒業式はお腹が大きくて出れなくて先生が家まで卒業証書を持ってきてくれた」とか

そのときの彼は何人目の彼?

の質問に

10人以上が6人、分からないが1人

はあ??

最高でも17歳でしょ!その年で10人も付き合うって2ヶ月周期ですか?

でも最後は

「今のだんなが初めてです」

司会者含め全員拍手

これがあるべき姿だ~!

ちなみのその彼女は15歳でバイト先の人と付き合って3ヶ月で妊娠したそうな

(ついでに最短は3日でした)

他は付き合って1年半ぐらい

だんなも登場してました

妻もだんなも顔出してました

つ・ま・り・・・

ヤラセ ですよね?

普通顔なんて出さないっしょ?

でも仮に15歳で生んだら35歳の時に子供が成人式か~

いいなあ~と思ったのは事実。

私の昔の知り合いの男性の友達が15でパパになったとか

相手の女の子は13とか

「だから今中学生のお母さん」

20代で中学生のママとかすごいけど

その2人はきちんと結婚したっていうのも素晴らしい。

普通なら男は逃げたりするし、

女の子も産まない選択をする子が多いと思うのに

両親がよく許したなあ~と思う。

私も早く子供が欲しい!

と思った一日でした


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
コメント
女性はすごいなって思います。
だって、子供を産んだ先の辛さ(育児やお金)を思うよりなによりも子供を欲しいと思う強い気持ち。
そして例え独り身になってどんなにお金がなくても子供を育てあげる強さ。すごいの一言!

自分は、『子供=扶養という責任の重さ』のため、子供を欲しいとはなかなか言えない。
例えば、今の若さで自分の会社が倒産しても、それなりの会社に転職できる自信はあるけど、これが40歳50歳のときに訪れたらとか考えたらけっこう重い。本当はどうにでもなるのかもしれないけど。あれこれ考えちゃうんだよなぁ

2009/10/30(金) 00:41:28 | URL | 人生つまらん #- [ 編集 ]
TVはやらせが多いですよね
何だかんだ言っても覚悟を決めるのは女性の方が早いですよね
男は逃げようとする人も多いですから
最終的には人生も結婚も覚悟なんでしょうね
何があっても、世界を敵に回しても
絶対やる!守る!一緒になる!
っていう強い気持ちがあれば多少の困難は
二人で乗り越えられるでしょうね
独りより二人で協力しあえば絶対乗り越えられると思いますよ
じゃなかったら、昔の人の方がもっと大変だったろうし、戦後の物の無い時代で、ここまで子供を育てた人が多いですから
やろうと思えば何とかなる!
って考えないと前に進まない時もありますからね
長文すいません
デートとはいえないかもしれないですね
その場が楽しい時間が過ごせたなら
良いと思います
なんかうまい言葉が見つからないですね(T△T)
2009/10/30(金) 13:28:31 | URL | 豆お #- [ 編集 ]
人生つまらんさん☆
やっぱり「責任」がありますよね。
それでもせっかく何億分の1の確率で誕生したのにそんなやすやすと殺せないのも事実。
どんな状況でも自分が死ぬほど痛い思いをして生んだ子供は可愛いし、生んでよかったと思ってると思います。こどもは生きがいですよね~

お豆さん☆
子供を妊娠するのも生むのも女性で男性側にはなんの身体的苦痛や変化もないですからね~
やっぱり子供は可愛いもんですね♪
「デート」じゃないのか~ でも呼び方なんかより、2人の気持ちですよね~
2009/10/30(金) 21:22:38 | URL | 彩音 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。